夏休みのお昼ご飯事情

もうすぐ、夏休みですね!

夏休みといえば、家族旅行やプール、海水浴、花火大会、盆踊りなど楽しいイメージもたくさんありますが、働くママさんたちにとっての一番の悩み事は間違いなく「子どもたちのお昼ご飯」ではないでしょうか?

我が家にも、現在中学生の娘と小学校高学年の息子がいますがほんとうに毎年、悩まされ続けました(;・∀・)

保育園時代は夏休みといえども、お盆休みしかなく給食を食べさせていただいていたのでとても助かりましたが、問題は小学校に上がってからですよね。

低学年のうちは、学童保育にお世話になっていたのでお弁当を作って毎日持たせていました。
でも暑い夏の期間は、食中毒などが怖いので痛みにくい食材をいれるなどいつも気にしていました。

問題は学童保育に行かなくなってからです。
上の子が女の子で料理や後片付けのお手伝いを積極的にしてくれる子でしたので、オムライスなど簡単なものなら作れるようになってからは食材だけ用意して子供達だけで作って食べてもらう日もありましたが、火傷やケガの心配もありなかなか難しいこともありますよね。

朝の出勤前に作っておいて、レンジでチンしたり温めなおしたりするだけで簡単に食べれるものがいいかなと思って我が家でよく用意するメニューを上げてみます。

・オムライス(子どもも大好きで食材も冷蔵庫にあるものですむけど若干調理に時間がかかることが難点)
・焼きそば(こちらも子どもも喜ぶメニュー。作るのも簡単でおススメ)
・牛丼(調理が簡単。時短なうえ子ども達には大好評)
他にも
・ハヤシライス ・焼うどん ・カレーライス ・そぼろ丼 ・チャーハン
・タコライス
パッと思いつくのはこんなものでしょうか ←我ながらレパートリー少ないですね( ;∀;)

あとは楽できるものとして、冷凍食品の活用。
今どきの冷凍食品は種類も豊富で美味しいものが多いですよね。
我が家のお気に入りは、「台湾のまぜそば」です。結構辛いので苦手なお子さんもいるでしょうが、うちの子達は辛いのが好きみたいでよく食べます。これにおにぎりを用意していけば勝手にチンして食べてくれるので超楽ちん♪

さらにはお湯をそそぐだけでOKなインスタントラーメン。種類も多いし一緒に買い物に行った時なんかに好きなのを選ばせてあげればうちは大喜びで食べています。(栄養面では心配ですけど毎日じゃなくたまにならOKでしょう)

あとは流水麺シリーズ。そうめんにそばに冷麺にとゆでる必要がなく水でほぐすだけで美味しく食べることができるのでありがたいですね。

今回のコラムを書くにあたって他の方の意見も聞いてみたんですが、私がいいなと思ったのは「予算を決めてお金を渡して、その日の昼食は子どもの好きにさせてあげる日を設ける」です。
我が家の近く(校区内)には飲食店がないので、外食は難しいですがコンビニやスーパーなどで予算内で好きなものを買って食べてもらうもきっと喜ぶだろうなと思いました。
毎日同じような昼食を用意されるより、たまには新鮮でいいですよね。

長い夏休み、昼食の準備に夏休みの宿題・長時間のお留守番と母親にとっては心配事も多いですが子ども達にとっては思い出いっぱいの楽しい夏休みになればいいですね。

ていとではこの夏休みに「子供プログラミング1日体験教室」を実施します。今話題のscratchを使って、キャラクターを動かしたりゲームを作ったりすることができ、論理的思考力・想像力・問題解決能力が楽しく身につくと人気の講座です。
子どもだけの参加でも大丈夫ですし、親子で体験することもできますので興味のある方はお子さんの夏休みの思い出作りに是非ご参加下さい。

詳細・お申込みは下記よりお願い致します。
https://www.la-teito.com/ivent/kodomo_programing_taiken.html